AGAの進行パターンについて

AGAを発症した場合の進行速度には個人差があると言われていて、2ヶ月から3ヶ月の間に急激に症状が進行するという人もいますし1年から2年かけてゆっくりと症状が進行すると言う人もいます。ですがいずれの場合も確実に頭髪は減っているので、AGAの疑いがあるという場合は確実な治療を行っていく必要があります。
そんなAGAには進行パターンと言うものが存在しており、進行パターンを分類したものをN-H分類と呼んでいます。

この分類によると全部で7段階の進行パターンがあるとされており、一番軽いものはどの部位も軽度の薄毛状態であるとされているのに対して重度のものは即頭部と後頭部にしか髪が残っていないと言う状態になっています。人によって進行度合いは個人差があるものの、進行パターンに関してはほとんどのケースがこのN-H分類を辿っていると言われています。

それ以外のパターンの分類として使われているのが「M型」と「O型」の2種類であり、これはどこから薄毛が発生するのかと言う進行パターンの分類になっています。「M型」の場合は前髪の生え際周辺から抜け始めるもので「O型」は頭頂部から薄毛が始まるものであり、いずれもAGA特有の進行パターンとしてどちらかの進行型に当てはまるケースが多いとされています。日本人の場合は「M型」が多いと言われていますし、どちらのパターンでも治療せずに放置していれば最終的には側頭部と後頭部以外は抜けてしまうので注意が必要です。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ