AGAの治療

AGAを発症している人は、日本全国で約1200万人いると報告されています。そのうち半数以上の方はコンプレックスを抱いたり、AGAに関連するケアを行っていると言われています。そもそもAGAというのは男性型脱毛症のことを指し、成人以上で髪量が減少する症状です。

AGAを発症する方の特徴は、思春期に頭頂部か額部分が薄くなっていきます。その後は、進行するスピードが遅く発症した方が気づかない内に髪の量が減少していきます。男性の5人に1人の確立で発症するAGAは治療することが可能です。専用の治療薬を服用するか増毛促進させる成分を注入する方法、植毛などの施術があります。最初の専用治療薬というのは、プロペシアと呼ばれる錠剤です。

これはAGAになる原因なるDHTという成分が増殖するのを抑制し、毛穴から生えるように働きかけます。次に増毛促進を注入する方法は、成長因子というタンパク質の一種を頭皮に注入して、増毛させる近年注目されている治療法です。

成長因子は増毛だけでなく、女性が瑞々しくハリのある肌を作るために用いられます。最後に植毛する場合は、これは後頭部など脱毛する可能性が低い箇所にある皮膚を毛がない部分に移植させる自然植毛という施術方法です。自然植毛と似た人工植毛を移植する方法もありますが、人によってはアレルギーなど肌トラブルを引き起こす可能性があるので、現在はあまり行われていない方法です。ここまで、AGAの治療方法を挙げましたが必ず効果がある訳ではなく、進行状況や個人差によって増毛効果が異なるので注意しましょう。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ